がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

前立腺がん患者さん・ご家族の結果

vol.1 あなたらしい生活とは?

第1位
普段通り・今と変わらない生活を送る

それまでと同じ生活が、特別の金をかけずにできればよい。
[前立腺がん]75歳・男性
近い将来〝死〞は必ず来る事なので、それまでは〝死〞を意識せず通常の生活を維持できれば〝最高〞。
[前立腺がん]63歳・男性
進行が遅い癌だと聞き、体調への異常も感じなかったから、特別どうしたいとかは思わなかった。普通に生活できればOK。
[前立腺がん]75歳・男性
普段と変わりなく日々の仕事で汗を流し、夫婦そろって健康で仲良く過ごしていきたいと思いました。
[前立腺がん]65歳・男性

第2位
自分のやりたいことができる/する

死んでたまるか。もう少し趣味にかけてもいいかな。
[前立腺がん]61歳・男性
他人に迷惑掛けない程度でやりたいことはやっておく。
[前立腺がん]69歳・男性
これからはもっと夫婦の時間を大切に、また一日一日を有意義に過ごさなければと思った。
[前立腺がん]67歳・男性
社会のルールは守りながらも勝手気儘に暮らす。
[前立腺がん]74歳・男性

第3位
治療主体・治る希望を持ち続ける

がんを克服する。がんを大きくしない、転移させない。
[前立腺がん]71歳・男性
多少生活面に体力の不便を感じても、家族のためにも平均寿命をまっとうしたいと思った。
[前立腺がん]68歳・男性
考えられる治療法をすべて検討し、最善を尽くす。
[前立腺がん]63歳・男性
癌と判明したときが68歳で、早い段階で癌と判明したので、手術すれば問題ないと考えていた。
[前立腺がん]73歳・男性
vol.1 あなたらしい生活とは?

第1位
普段通り・今と変わらない生活を送る

いつもと変わりなく。たんたんと生きる。
[父が前立腺がん]34歳・男性
特に変わりなく過ごしたい。
[父が前立腺がん]49歳・男性
ゆったりした気持ちで過ごしたい。生活はできるだけ普段通りに過ごしたい。
[父が前立腺がん]40歳・女性
痛みを緩和して、今までどおりの生活をしたい。
[夫が前立腺がん]66歳・女性

第2位
自分のやりたいことができる/する

趣味に没頭する。
[父が前立腺がん]51歳・男性
一日一日を大切に笑って暮らす。
[夫が前立腺がん]72歳・女性
自分がその時、一番したいことを満足いくまでやる。
[父が前立腺がん]41歳・女性
家族や友人が満足するならそれでいい。それを最優先して、次に自分のしたいようにする。笑顔で過ごせる事を優先する。
[父が前立腺がん]30歳・女性

第3位
治療が全てではない(無理しない)生活

体に負荷のかかる外科手術などをせず、ペインコントロールだけで、普通に生きたい。
[父が前立腺がん]48歳・男性
厳しい状態なら、特に手術は行わない。
[夫が前立腺がん]56歳・女性
入院は程々に、延命治療はあまり望まない。
[父が前立腺がん]45歳・女性
治療せず、痛みを最低限やわらげる治療を望む。
[父が前立腺がん]30歳・女性

疾患別結果

自分が希望している生活ができること、これまでと変わらない生活を送ることができることが、
その人「らしい生活」であると考えられる。
治療に関しては、患者さんとご家族とで意見が分かれています。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら