がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

加藤大基さん

「34歳で肺がんになった医師が、苦悩の末、行き着いた不安とのつきあい方」

東京大学医学部附属病院放射線科登録研究医

加藤 大基 さん

1971 年名古屋生まれ。1999年東京大学医学部卒業と同時に附属病院放射線科へ入局。東京大学医学部附属病院、国立国際医療センターなどで、放射線治療医としてがん患者さんの治療にあたる。東京大学医学部附属病院放射線科を辞めて1年後の2006年、早期肺がんが発見される。現在は体調の回復を第一にペースダウンして医師の仕事をするかたわら、東京大学大学院人文社会系研究科グローバルCOE研究室で「死生学の展開と組織化」の研究に携わる。2009年4月からは、第一線の放射線治療医として復帰する予定。著者に『東大のがん治療医が癌になって』(ロハス・メディカル)がある。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら