がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

額田勲さん

「自身のがんと向きあいながら、地域に根ざした医療で患者さんを支える」

医療法人社団 倫生会 みどり病院 理事長
神戸生命倫理研究会 代表

額田 勲 さん

1940年生まれ。京都大学薬学部卒業、鹿児島大学医学部卒業。北九州市の総合病院などの勤務を経て、1980年、神戸市にみどり病院を開設して院長に就任。2003年より現職。一貫して地域の住民に密着した医療に取り組む。1995年の阪神・淡路大震災の後には被災者医療やボランティアでも献身的な活動を行った。2008年にはがん医療への取り組みがNHKスペシャルで紹介される。2003年、積年の草の根的な地域医療活動が認められて第12回若月賞を、2011年には神戸新聞社会賞を受賞。著書には『がんとどう向き合うか』(岩波新書)『孤独死-被災地神戸で考える人間の復興』『いのち織りなす家族-がん死と高齢死の現場から』(岩波書店)などがある。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら