がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

若尾 直子 さん

「がんとともに歩む、生きる、生活していく」その気持ちを大切に。

薬剤師・山梨まんまくらぶ代表
NPO法人がんフォーラム山梨 理事長
NPO法人山梨県ボランティア協会 理事
山梨がんピアサポート希望(のぞみ)の会 代表

若尾 直子 さん

2001年乳がんと診断され、衝撃を受けたことがきっかけで、2004年「山梨まんまくらぶ」立ち上げる。がん医療環境の充実を始めとする山梨の医療に関する課題を解決するため、山梨県内を中心にピアサポート活動、女性の健康を中心とした健康啓発活動などを行っている。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら