アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

肺がん

患者

肺がん 45歳 男性 会社員

現在45歳。39歳の時に会社の健康診断で疑われ、市内の市立病院で発覚。札幌の病院に入院。独身、一人暮らしだから入院の準備もすべて自分で行なった。札幌にて親と合流。手術・抗がん剤治療と続く。家族・親戚にもがん患者がいないため具体的な知識を持ったものが誰もいないから、親類一同みな不安のみでした。でも医者を信頼して、同じ部屋の人と仲良くしてたら、良い方向に行ってくれました。また会社にも全面的に理解してもらった。

勇気づけられた言葉、場面

なし。家族だって自分が体験したこともないのに安易に言葉なんて掛けられないはず。自分は体験したが、親兄弟がもし癌になっても言葉は相当慎重になると思う。

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら