アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

食道がん

患者

食道がん 54歳 女性 パート・アルバイト

手術が一番良いとわかっていても前向きになれない日々が続いていたが、患者の集いに足を運んだことで、「手術が一番良い」、「今の病院で治療をする」と決断できた。2度の手術を経て術後20日程度で退院。退院のうれしさもつかの間、左肩などの痛みや高熱、頸部の炎症があり、再度入院。なんでこんなにうまくいかないんだろう、と心が折れた。約3週間で退院、今やっとふつうのことができるようになってきた。当たり前のことが一人でできることがうれしい、病気をして初めて分かった。

勇気づけられた言葉、場面

一番心が折れていた時に、高校時代からの友人が「苦しみは強さに、悲しみは優しさにかわるから。お守り送るからいっぱいお願いしてね。大丈夫、大丈夫」と手紙をくれた。また、職場の同僚が「一緒にまた仕事をするからな、待ってるよ」とLINEを送ってくれた。職場復帰を目指していたから、本当にうれしい言葉だった。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら