アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

食道がん

患者

食道がん 52歳 男性 会社員

2020年1月、東南アジア4年程の駐在を終えて帰国し、帰任健康診断で胃カメラ検査を受けました。食道にできた「びらん」の組織採取の結果、悪性ということで紹介状を書いてもらい、都内のがん専門病院へ。
診断の結果、「食道表在がん」と診断されました。2月10日にCTスキャン、超音波検査、内視鏡検査を受けて2月19日に治療方法が決まります。担当した先生の最初の見立ては内視鏡手術で1週間程の入院で済むということでしたがその通りになりますでしょうか...。

勇気づけられた言葉、場面

やはり今回の駐在が激務であったことが要因の1つだと思います。健康診断でどこかの場所が引っかかるだろうなと推測してましたが、まさか「食道がん」と診断されるとは想定外でした。
今のところ先生の「大丈夫ですよ、ちゃんと治療すれば治りますよ」という言葉を信じています。

投稿時 :
 がんの診断から治療開始まで 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら