アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

大腸・直腸がん

家族

大腸・直腸がん 30歳 女性 

父はがんと診断されたとき、大変な落ち込みようでした。直腸がんが転移して、肺と肝臓にあること、それは手術で取ることは出来ないこと、末期がんで余命1年だということ。しかし、医者が余命1年と言っても、長生きしている人は、知り合いに何人もいます。その事実を知って、父は生きていこう!という気もちになりました。余命は本人に伝えました。しかし、伝え方を間違うと、諦めてしまう人もいると思います。いかに本人に前向きに生きていこうという気持ちでがんの状況を正直に伝えるか、本当に難しいと感じました。

勇気づけられた言葉、場面

がんであと1年の命だと言われても、実際には5年、10年と生きている人もいる、という事実

-友達や知り合い、父ががんと診断されて何日か後

投稿時 :
 がんと診断されてから治療開始まで 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら