アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

  1. HOME
  2. 伝える
  3. 情報ボックス
  4. 皆さんからの体験談

皆さんからの体験談|腎臓・副腎がん

腎臓は腰の位置に左右一つずつあり、主な働きは血液をろ過し、尿にすることと、血圧や造血をコントロールするホルモンを生成することです。腎臓に関係するがんには、尿を作る腎実質の細胞ががん化する「腎細胞がん」、尿が集まる腎盂と尿を膀胱へ送る尿管にできる「腎盂・尿管がん」、腎臓の上部にある副腎に発生する「副腎がん」があります。一般に、「腎がん」とは「腎細胞がん」を指します。

腎細胞がんは進行すると血尿や背中・腰の痛みが出てきますが、特徴的な症状はありません。発生要因には喫煙と肥満があげられます。標準的な治療法は手術ですが、がんの進行状態により、薬物療法や放射線治療をおこなうこともあります。

腎盂・尿管がんの主な症状は血尿です。腰や背中に痛みを発生する場合もあります。発生要因には喫煙やフェナセチン含有鎮痛剤などがあり、フェナセチン含有鎮痛剤は現在使用されていません。主な治療法は手術です。
腎臓および尿管のがんと新たに診断された人は1年間に10万人あたり20.7人で、男性が女性の2倍以上多くなっています。

副腎がんは大きくなると腹痛や腹部膨満感といった症状が出ます。新たに診断される患者数は1年間に約390人と少なく希少がんの一つです。

出典:
国立がん研究センター がん情報サービス「それぞれのがんの解説」
国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」(2015年)

腎臓・副腎がん

がん種はメニューから絞り込みができます。

絞り込み検索

ご覧になりたい項目をチェックし検索ボタンを押してください。

分類
年齢
性別

がんの状況

気になること

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら