長寿医療制度(後期高齢者医療制度)

75歳以上の方と65歳以上75歳未満で一定の障害をお持ちの方を対象とした医療制度で後期高齢者医療広域連合という各都道府県に設置された特別地方公共団体が運営するものです。

医療機関での医療費の本人負担は1割(現役並所得者は3割)となります。なお、一定の所得のある方(単身世帯は年金を含めて年収200万円以上、複数世帯では合計320万円以上)の本人負担は2割となることが決まりました。導入時期は2022年度の下半期を予定しています。

保険料は被保険者単位で算定し、普通徴収または年金からの天引きで納めます。