高額医療費貸付制度

高額療養費の支給決定には審査が必要で、支給までに3ヶ月ほど時間がかかります。その間の高額な医療費で家計負担が大きくなる方のために、医療費に充てる資金を無利子で被保険者または被扶養者に貸し付ける制度です。この制度を利用すると、患者は自己負担限度額までの一部負担金のみを支払い、残りは保険者が患者に代わって医療機関に支払います。

なお、保険者によっては申請者の口座に直接振り込む場合もあります。

対象者

後期高齢者医療被保険者証を持つ人を除いて、各保険に加入している人が対象となります。

貸付額

国民健康保険では高額療養費支給見込額の90%、全国健康保険協会管掌健康保険と船員保険では高額療養費支給見込金額の80% いずれも無利子で借り受けることができます。健康保険組合の場合は各組合により異なります。

申請手続き

ご加入の保険者によって異なりますので、ご確認ください。