同一人合算

同一人合算とは、70歳未満の方の場合、本人が同一月に、複数の医療機関でそれぞれ21,000円以上の自己負担をした場合に合算して、高額療養費の申請ができるものです。外来、入院の合算も可能です。世帯合算同様、所得に応じた自己負担限度額が決められており、それ以上の自己負担額が払い戻されます。

70歳以上の方の場合は、21,000円の自己負担に届かない場合でも、外来の限度額を超えたものが支給されます。外来の限度額は、一般の方は14,000円、低所得者Ⅰ、Ⅱに該当する方は、8,000円、現役並所得者は57,600円です。