高額療養費制度

kumiaikenpo kyoukaikenpo kyousaikumiai seninhoken kokuhokumiai kokuho koukiiryou

【活用タイミング】
診断・告知〜

すでに支払った高額な医療費が払い戻される

高額療養費制度では、自己負担限度額を超えて窓口で支払った分の医療費が高額療養費として支給(還付)されます。組合健保や共済組合など、医療保険によっては支給申請しなくても高額療養費が自動計算されて給与口座などに振り込まれる場合も多いですが、国民健康保険や協会けんぽなどのその他の医療保険では支給を受けるには支給申請が必要です。

社労士 清水公一さんの “ここがポイント”

高額療養費の申請はそれほど難しくなく、申請のために複雑な計算を理解しておく必要もありません。医療保険によっては、支給対象となることの通知が保険者から届き、それに署名・捺印して返送することで支給申請ができる場合もあります。どの医療保険に加入する方も活用でき、負担を大きく軽減してくれる制度ですので、心配せずにまず申請してみましょう。支給申請には医療費の領収書が必要となる場合があるので、必ず保管しておくようにしましょう。
高額療養費はさかのぼって支給申請できますが、支給を受ける権利は診療を受けた日の翌月の1 日から2 年でなくなってしまうことに注意が必要です。

制度についての詳細は、用語について「高額療養費制度」をご参照ください。