がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

コミュニケーションギャップの例
〜薬物療法〜

コミュニケーションギャップの例〜薬物療法〜 コミュニケーションギャップの例〜薬物療法〜

がんの薬物療法について

がんの医療で使われるお薬には、がんに対して作用するものや、痛みを抑えるもの、お薬の副作用を和らげるために使うものなど、さまざまな種類のお薬が含まれています。このうち、お薬でがんを治療することを薬物療法といい、化学療法(従来の抗がん剤治療)、分子標的療法、内分泌療法(ホルモン療法)、免疫チェックポイント阻害療法などがあります1)

分子標的治療も薬物療法のひとつ

抗がん剤治療をおこなうと髪の毛が抜ける、吐き気で食事も喉を通らないなどの強い副作用がある、そんなイメージを持っている人が多いかもしれません。
以前、薬物療法に使用されるお薬の多くは、がん細胞の分裂を抑えがん細胞を破壊する「細胞障害性抗がん剤」でした。がん細胞は正常な細胞よりも早い速度で増えていきます。細胞障害性抗がん剤は、この細胞が増える仕組みを妨害することで、効果を発揮します。同時に、正常細胞にも影響を与えてしまうため、脱毛や吐き気、下痢などの副作用が見られることがあります。そのため、多くの方が、薬物療法は抗がん剤を使うもので、副作用が強いというイメージを持っていました。しかし、最近は副作用を和らげるためのお薬など(支持療法)も進歩していて、以前より負担は少なくなってきています。
さらに、近年、「分子標的治療薬」というがん細胞だけが持つ目に見えない小さいレベル(分子レベルと言います)の特徴を見つけて、そこに作用するお薬が開発され、細胞障害性抗がん剤で見られたような副作用は起こりにくくなっています。一方で、皮膚への影響や肺炎など、細胞障害性抗がん剤とは異なる副作用が起こる可能性があることがわかっています。

分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬の条件

がん治療が進歩し、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬など、新しいお薬が開発され、用いられるようになってきました。ニュースなどで話題となり、耳にする機会も増えています。報道では高い効果や副作用が少ないことがクローズアップされることもあります。けれども、これらのお薬の多くは、“効く可能性が高い条件”が決まっているため、その条件に合った患者さんにしか使用することができないのです。
医師は、がんができた場所、がんの状態、種類やタイプなど、さまざまな条件から、あなたに最適だと考えられる治療法を提案しています。主治医がなぜその治療を提案したのか、その理由をしっかりと確認するとともに、その治療が目指す目的、治療に関連した制約、起こる可能性がある副作用などについて、患者さん自身がよく理解し、納得したうえで治療に臨むようにしましょう。また、これからあなたがどうしたいか、何を大切にして治療をしていきたいか、今後予定しているライフイベントなど、医師にしっかりあなたの希望を伝えることも大切です。医師はあなたの希望を理解したうえで、よりあなたに合った治療法を一緒に考えたいと思っています。

1)国立がん研究センター がん情報サービス「薬物療法」ganjoho

監修:国立がん研究センター がん対策情報センター

2019年9月掲載

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら