がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

  1. HOME
  2. 知る
  3. わたしらしいがん治療ガイド

わたしらしいがん治療ガイド わたしらしいがん治療ガイド

がんと診断されてしまったとき、落ち着いていられる人はごくわずかでしょう。
がんという病気のこと、検査のこと、治療のこと。さまざまな想いがあらわれては消え、消えてはあらわれることでしょう。自分で考えを巡らせるより、医師に任せてしまった方が間違いない。そうお考えになる患者さんもいらっしゃるかもしれません。
もちろん、混乱や迷いのさなかに医師に判断を委ねることはひとつの方法ではあります。
ただ、患者さんご自身が大切になさっていること― たとえば、仕事や家族、趣味との向き合い方は人それぞれです。言い換えれば、診断後も、患者さんご自身の人生はつづいてゆく。
そんな想いを胸に、自分らしいがん治療を考えていくことが大切になってくると思います。

患者さん一人ひとりのがんやからだの状態に応じた治療を受けることは、もちろん重要です。
でも、大切なことはそれだけではありません。これまでどんな人生を送ってきて、これから何をしたいのか。ゆっくりと心とからだを落ち着けたい人もいれば、まだまだ働きたい人、家族や友人との時間を大切にしたい人もいるでしょう。
そんな自分らしい生き方を考え、それに合った治療を選ぶことこそが「わたしらしいがん治療」なのです。

「わたしらしいがん治療」を実現するには、自分の状況や価値観を見つめなおすとともに、それを医師や医療スタッフにしっかりと伝えるコミュニケーションが欠かせません。医師の話すことばの意味を理解し、自分の価値観、希望を伝えるべき人にしっかりと伝え、ことばや想いを医師や医療スタッフと共有することが必要です。

自分らしいがん治療は、あなたと医師、看護師、薬剤師などさまざまな医療者とともに作りあげていくものです。これからのがん治療期間のなかで、そんな自分のチームを築く手助けとして、この「わたしらしいがん治療ガイド」を活用してください。

監修:国立がん研究センター がん対策情報センター

2019年7月掲載

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら