がんになっても

アストラゼネカ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

ホーム >最適な医療を受ける >医療者とのコミュニケーション

医療者とのコミュニケーション

垣添 忠生氏

がん患者さんやご家族が、医師をはじめとした医療スタッフと病気や治療のことにつ いて話し合い、ともに治療を進めるうえで、患者さんが主体となり、患者さん自身が がんと向き合い、よりよい治療を行っていくためには、自分の病気の状態や検査、治療 のことをきちんと理解していただくことが大切です。
しかし、医師や医療スタッフと病気や治療のことについて話すとき、話されている言葉 がよくわからなくて困ったことはありませんか?
自分のことについて説明されてい るその時に、聞いた言葉の意味が正確に理解できないことは、医療スタッフと一緒に がんと向き合いよりよい治療を選択することの妨げにもなりかねません。
そんなとき、医師や医療スタッフが患者さんにとって理解しやすい言葉を選んだり、 紙に書いて説明したりするなどの努力をしなくてはならないのは当然ですが、患者 さんにも、次に挙げたような点を心がけていただけたらと思います。こうしたことが、 医療スタッフとのコミュニケーションを円滑にし、より良いがん医療の実現に繋がる ことと思います。

アストラゼネカは、医療の中で使われる耳からはいる用語がどのように捉えられ、理解さ れているかについて、全国のがん患者さんやそのご家族を中心にインターネットによ る調査を実施しました。
※アストラゼネカの本調査結果を参考に、『患者さんとのコミュニケーションでの注意 点』、『医療者とのコミュニケーション』について国立がんセンターがん対策情報センター がん情報サービスホームページ に掲載されています。

Copyright © 2005- AstraZeneca K.K. All Rights Reserved.