アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

胃がん

家族

胃がん 35歳 女性 

胃の全摘手術のあと、肺炎を併発して厳しかった時期がありました。患者本人が参ってしまって、どう声をかけたらいいか困っていました。患者の孫娘(私の子ども4歳)が「おじいちゃんがいないと、あたしは誰と幼稚園に行ったらいいの?」と枕元で言ったところ、みるみる元気になりましたね。自分の存在が必要とされている(オーバーですが・・・)ことは生命力につながるように実感しました。

勇気づけられた言葉、場面

がんはもう不治の病ではない、治そうとする気持ちでいてほしい。

-紹介されて、がんセンターにはじめて行った診察時に担当医に言われた。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら