がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

さまざまな症状の伝え方

痛み

痛みはがん患者さんによくみられる症状のひとつです。痛みのつらさは、痛みそのものに加えて、痛みによりがんが進行しているのではないかと心配になることだと思います。しかし、痛みはがん以外の原因により出てくることも少なくありません。痛みの原因を見きわめてあなたに適した治療やケアが受けられるよう、痛みをがまんせずに医師や医療スタッフに伝えるようにしましょう。でも、痛みの感じ方やつらさをほかの人に伝えるのは簡単ではありません。まずは、あなた自身のことばで感じたままを伝えてみてください。それでも表現の仕方がわからない場合は、以下のリストを使って、あなたの痛みがどのようなものなのか整理してみてください。より伝わりやすくなるのではないでしょうか。

記載日

1. いつから

頃から

2. 痛む場所 いくつでも

印刷したあと、痛いところを塗ってください。

2. 痛む場所

3. 痛くなる状況

4. 痛む強さ2)

1)耐えられない痛みを「10」としたとき、今の痛みは“いくつ”?

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
痛くない
最もひどい痛み

2)痛みがつらくて

5. 痛みの状態1)2)

6. 痛みの期間・時間2)

参考 1)国立がん研究センター がん情報サービス 「痛み」
2)がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら