がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

さまざまな症状の伝え方

眠れない

ふとんに入ってもなかなか眠れない、夜中に何度も起きてしまうなど、多くのがん患者さんが眠れないつらさを感じているようです。しっかり眠れない状態が続くと、不安に悩まされたり、だるさが生じたりするなど、心にもからだにも負担がかかります。
痛みやかゆみといった身体的なことはもちろん、不安などの精神的なこと、騒音や照明など環境に関わることなど、眠れない原因はさまざまです。まずは、どのように眠れないのかを医師や医療スタッフに伝えてみましょう。原因に応じた適切な対処法をアドバイスしてもらえることもあります。なにより、眠れないことによる不安を医師や医療スタッフに話すだけでも、気持ちの緊張がほぐれるかもしれません。

記載日

1. いつから

頃から

2. 眠れない状態1)

3. 眠れない原因2)

1)身体的なこと

2)精神的なこと

3)生活環境のこと

4. 眠れない状態の強さ3)

過去1ヵ月間に少なくとも週3回以上経験したものは?

1)寝つきは?(ふとんに入ってから眠るまでの時間)

2)夜間、眠っている途中に目が覚めることは?

3)希望する起床時間より早く目覚めることは?

4)総睡眠時間は?

5)全体的な睡眠の質は?

6)日中の気分は?

7)日中の活動は?

8)日中の眠気は?

1) 国立がん研究センター 東病院 対象疾患「不眠」
2) 国立がん研究センター がん情報サービス 休養と睡眠のヒント「不眠の原因の主なもの」ganjoho
3) アテネ不眠尺度(AIS):Soldatos CR, et al.: J Psychosom Res. 48(6), 555-60, 2000より改変

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら