がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

さまざまな症状の伝え方

食べられない・食べたくない

治療に臨むにあたっては、しっかりと食事をとり、体力を維持することが大切です。でも、治療の副作用などの理由で食事がおいしくない、食べたくないと感じることもあるでしょう。口内炎ができて食物がしみる、胃がむかむかする、食べると下痢をする、おいしく感じないなど、同じ食べづらさでも症状のあらわれ方によって原因はさまざま。あなたが感じている症状を具体的に医師や医療スタッフに伝えてみてください。原因に応じた適切な対処法やアドバイスを得られるはずです。

記載日

1. いつから

頃から

2. 食欲不振の状態

1)消化器症状がある

2)口の中に異常がある

3)味覚の変化・感情的なもの

監修:国立がん研究センター がん対策情報センター

2019年9月掲載

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら