がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

さまざまな症状の伝え方

怒り・苛立ち

がんと言われたら、患者さんの心は大きなストレスを感じることでしょう。自分の置かれた状況に対して、「なぜ自分だけがこんな目にあうのか」「自分が何か悪いことでもしたのか」などの怒りや苛立ちを感じるのは自然なことです。また、身のまわりにいる医師や、家族に対しても、苛立ったご経験のある方もいらっしゃるかもしれません。怒りや苛立ちを感じたら、まずは自分がなぜ怒っているのかについて考えてみましょう。今のお気持ちを誰かに説明することは難しいかもしれませんが、病院にはあなたの心の状態をサポートするスタッフがいます。ここに記した項目をチェックして、医師や医療スタッフにぜひ思いを伝えてみてください。

記載日

1. いつから

頃から

2. 怒り・苛立ちの状態

1)どのような状態?

2)何に対して?

3)どんなことで?

3. 人に話をすることで気持ちが楽になったり、気持ちを整理することができます。身近な家族や友人に気持ちを打ち明けましたか?

もし、まだ打ち明けていない場合は、家族や友人といったごく親しい人々に打ち明け、理解してもらうことは大切です。

4. 普段からやっているストレス解消方法や、過去に自分にとって役に立った対処方法は?

 例)大きな声を出す(笑う、カラオケで歌うなど)。

参考)国立がん研究センター がん情報サービス「がんと心ganjoho、「あなたの心に起こることganjoho

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら