がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

  1. HOME
  2. 最適な医療を受ける

最適な医療を受ける

限られた診療時間の中で医療者と上手にコミュニケーションをとるために、また、納得して医療を受けるためのヒントやアドバイスをご紹介します。

がん・検査・治療
がん・検査・治療
肺がん、乳がん、卵巣がん、前立腺がんについてご紹介します。
詳しくはこちら
質問ガイド
質問ガイド
あなたは担当医や医療者と話せていますか? 治療は納得して受けたいと思っていても、医療者とのコミュニケーションの際、何を知り、何を質問すればよいのかわからないという方も多いことでしょう。 ここでは、病気と向きあうためのポイントと質問例をご紹介します。
詳しくはこちら
記録ノート
記録ノート
記録は、自分の病気を理解するために役立つのと同時に、医療者に自分の状況を短時間で伝えるための資料にもなります。検査・診断結果・医療費などを書き込めるノートをご紹介します。自身で記録をつける際の参考に、また、印刷してご活用ください。
詳しくはこちら
医療者とのコミュニケーション
医療者とのコミュニケーション
耳から入る医療用語を誤解してしまい医療者とのコミュニケーションが困難になることもあります。 ここでは、患者さんとご家族と医療者のコミュニケーションの現状、ポイントやがん医療用語集をご紹介します。
詳しくはこちら
「らしい生活」調査
「らしい生活」調査
がんと向き合う1477人、患者さんと家族の調査結果をご紹介します。
詳しくはこちら

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら