がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

  1. HOME
  2. 最適な医療を受ける
  3. 医療者とのコミュニケーション

医療者とのコミュニケーション

垣添 忠生氏
監修:
  • 国立がんセンター名誉総長
  • 日本対がん協会会長
  • 垣添忠生氏

がん患者さんやご家族が、医師をはじめとした医療スタッフと病気や治療のことについて話し合い、ともに治療を進めるうえで、患者さんが主体となり、患者さん自身ががんと向き合い、よりよい治療を行っていくためには、自分の病気の状態や検査、治療のことをきちんと理解していただくことが大切です。
しかし、医師や医療スタッフと病気や治療のことについて話すとき、話されている言葉がよくわからなくて困ったことはありませんか?

自分のことについて説明されているその時に、聞いた言葉の意味が正確に理解できないことは、医療スタッフと一緒にがんと向き合いよりよい治療を選択することの妨げにもなりかねません。
そんなとき、医師や医療スタッフが患者さんにとって理解しやすい言葉を選んだり、紙に書いて説明したりするなどの努力をしなくてはならないのは当然ですが、患者さんにも、次に挙げたような点を心がけていただけたらと思います。こうしたことが、医療スタッフとのコミュニケーションを円滑にし、より良いがん医療の実現に繋がることと思います。

医療者とのより良いコミュニケーションのポイント

(1)医療者との話をメモしましょう。

話の内容をメモするだけでなく、わからない言葉や説明があれば遠慮せずにメモに直接書いてもらいましょう。話を聞くあなたに、医療者がわかりやすく話すための医療者へのサインにもなります。また、病院での待ち時間にメモを読んでおくと情報を整理することができます。

(2)わからないことや用語は遠慮せず聞きましょう。

あとで聞こうと思っても忘れてしまうことや、あとから聞きにくいこともあります。また耳で聞くだけでは誤解する言葉もあります。その場で確認し、必要であれば先生にメモに書いてもらいましょう。また、あとから聞きたいことがあったとき病院内の誰に聞いたらいいのかを聞いておくことも大事です。

(3)聞きたいことはいつでもメモしておきましょう。

聞きたいことを事前に整理しておくと、医療者への質問や自分の状況を説明するのにも役に立ちます。

(4)簡単な本やインターネットなども見てみましょう。

少しだけでも本やインターネットで情報を得ることは、初めて聞く内容や言葉の準備に役に立ちます。これからのがん医療では、患者さんにも勉強していただく必要があります。

このサイトではがん診療を受ける際によく使われる用語を取り上げて説明しています。ぜひご活用ください。

がん医療用語調査結果

詳しくはこちら

アストラゼネカは、医療の中で使われる耳からはいる用語がどのように捉えられ、理解されているかについて、全国のがん患者さんやそのご家族を中心にインターネットによる調査を実施しました。

*
アストラゼネカの本調査結果を参考に、『患者さんとのコミュニケーションでの注意点』、『医療者とのコミュニケーション』について国立がんセンターがん対策情報センターがん情報サービスホームページに掲載されています。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら