がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

がん医療用語調査結果

アストラゼネカは、医療の中で使われる耳からはいる用語がどのように捉えられ、理解されているかについて、全国のがん患者さんやそのご家族を中心にインターネットによる調査を実施しました。

調査内容

〔純粋想起:自由回答〕
・音(カタカナ表記)で示し、思い浮かぶ意味について尋ねた内容(どのように意味を捉えているか? どれぐらいの人が回答できたのか?)

〔助成想起:2択式回答〕
・音(カタカナ表記)で示し、2択式(正しい意味と間違った意味の提示)で尋ねた内容(どれぐらい理解されているのか?)

調査概要

対象用語
対象用語:100語(がん、がん医療にかかわる用語)
調査対象
  • がんと診断されたご経験のある方(患者)
  • ご家族ががんと診断されたご経験のある方(患者家族)
  • 上記以外(一般)
調査期間
2006年8月3日〜8月17日
実施方法
インターネット調査(全国)
有効回答数
200名
*患者50名・家族100名・一般50名
*〜30代(26.5%) 40代(36.5%) 50代(27.5%)60代〜(9.5%)
*男女比 4:6

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら