がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

  1. HOME
  2. 最適な医療を受ける
  3. 医療者とのコミュニケーション
  4. がん医療用語調査結果
  5. 医療者とのコミュニケーションの現状に関する結果

医療者とのコミュニケーションの現状に関する結果

がん医療用語調査結果
医療者とのコミュニケーションの現状に関する結果

「医療者とのコミュニケーションがうまくいかないと感じたことがありますか?」という問いに対し、全体の58.5%の人が、コミュニケーションがうまくいかないと感じた経験があると回答した。

また、感じたことがあると回答した内容は、医療機関の接遇、医療者の対応などについてありましたが、5人に1人は、医療用語を含めて説明などが分り難いと回答した。

がん医療用語調査結果医療者とのコミュニケーションの現状に関する結果

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら