がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

vol.2 人生の点数?

あなたの人生に点数をつけると仮定してください。ご自身または家族ががんになったことやがん治療によって、人生の点数は変わったと思いますか。

vol.2 人生の点数?
vol.2 人生の点数?

人生の点数があがったと回答された理由は?(Q-1で人生の点数が上がったと回答された方)

vol.2 人生の点数?

第1位
価値観/生き方が変化したため

病気になって、モノの見方・考え方が大きく変わり、痛み・辛さが判るようになった為。
[肺がん]54歳・男性
毎日を一生懸命生きられるようになったし、がんになる前より今のほうが人生が豊かで楽しい。
[乳がん]47歳・女性
大事に生きることを意識できた。
[前立腺がん]60歳・男性

第2位
思いやり/感謝の気持ちが増えたため

周りに支えられて立ち直ることができ、今度はもっと頑張ろうと実践している。
[肺がん]57歳・男性
患者会を立ち上げ、病気の悩みを持つ人の気持ちを理解できるようになった。
周りの人たちのやさしさに気付くことができ、素直に感謝できるようになった。
[乳がん]50歳・女性
体験による寛容さ。
[前立腺がん]70歳・男性

第3位
家族/友人との絆が高まったため

がんになる前は仕事中心で見栄やプライドばかり考えて家族や趣味を犠牲にしていたが、現在は家族とのコミュニケーションや趣味を楽しめて気楽な生活を過ごせているから。
[肺がん]49歳・男性
友達が増えた。
[乳がん]51歳・女性
家族(妻)に感謝する気持ちが、多くなった。
[前立腺がん]60歳・男性
vol.2 人生の点数?

第1位
家族/友人との絆が高まったため

一生懸命生きようとする姿が本人らしく感じられたのと家族の絆がとても強くなってきたこと。自分らしく生きるということを教えてくれている。
[父が肺がん]40歳・女性
妻の存在、妻との関係、自分の人生などと見直すことができた。また何もない状態が実は幸せだと言うことがわかった。
[妻が乳がん]59歳・男性
ささやかな日常に喜び、感謝して生きることの素晴らしさ、楽しさを知った。主人の大病を通して、私たち夫婦は得るものが多かった。そして人として豊に成長できた。
[夫が前立腺がん]69歳・女性

第2位
価値観/生き方が変化したため

がんを知らなかったら、世の中のたくさんの人々ががんに苦しんでいる状況を肌身で感じることはなかった。
[妻が肺がん]66歳・男性
生きることを前よりも真剣に考えるようになったし、悲観的にならないでいることを意識し学べたから。
[母が乳がん]33歳・女性
がんを身近に感じるようになったし、健康に気をつけるようになったから。
[父が前立腺がん]43歳・女性

第3位
思いやり/感謝の気持ちが増えたため

気配りや出来るだけ家事等の協力をするようになった。
[妻が肺がん]57歳・男性
がんにかかった人の気持ちがわかるようになった。
[妻が乳がん]47歳・男性
思いやる気持ちが持てた。
[父が前立腺がん]52歳・男性

疾患別結果

患者さんの3人に1人が人生の点数が上がっていると回答しています。
人生の点数が上がった理由は、価値観や生き方の変化、感謝の気持ち、家族の絆の再確認が上位に挙がっています。(総合結果より)

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら