がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

  1. HOME
  2. やってみる
  3. さっとできる、家族が笑顔になる料理
  4. 何を食べればいいのか分からない...そんなお悩みに!

何を食べればいいのか分からない...そんなお悩みに!

がんになってから、食べるものに敏感になり
「何を食べればいいのか分からない」と悩んでしまう...
そんな毎日の“食”のお悩みにお答えします!

できる範囲で構わないので、バランスよく食べましょう。

できる範囲で構わないので、バランスよく食べましょう。

 インターネットや、雑誌、本、テレビなど、世の中には多くの「情報」があります。さらに、病気に関する食の情報は「効く」とか、逆に「効かない」といった真逆の話もあったりで「結局、何を食べたらいいのか?」と迷ってしまったり、悩んでいる方、いらっしゃいませんか?

一つ言えることは「これがいい」というものだけに偏るような食生活は避けたいということ。

というのも、手術や放射線療法、薬物療法などがんの治療を乗り切り、身体を回復させるためには“体力”がカギ。そのためにも、体重や筋肉量を減らさない(=やせない)ように、いろいろな食品をバランスよく食べることが必要になります。

食事の悩みの中には、「乳製品は控えた方がいいの?」「ジューサーで絞った野菜ジュースを飲むべきですか?」という不安や疑問もあるかと思いますが、病状を悪化させる食べ物や、積極的に摂取した方がよいものというのは特にありません。抗がん剤治療中に「大好物のお寿司は生魚だからダメなんだ・・・」と、食事を制限して気分まで小さくなってしまう方もいますが、新鮮なものならお寿司だってOK!

担当医からの食事の指示があった場合は別ですが、特別なことは必要なく、食生活も今までどおりで大丈夫です。

身体の調子に合わせて、タイミングにあった食事を

身体の調子に合わせて、タイミングにあった食事を

 とはいえ、治療中は今まで好きだったものがおいしく感じられなかったり、食欲が湧かなかったりする時も……。治療のタイミングによって食欲にも波が出ます。そのときそのときにあった食事の例を紹介します。

■食欲がある時は―――

バランスを考えながらしっかり栄養を摂りましょう。食べられる時は、果物やヨーグルトなどの間食をとる、ご飯をチャーハンやチキンライスにして油を使う、ご飯を混ぜご飯や雑炊にするなども、できそうなら試してみてくださいね。体調が悪くなければ、少し意識して歩いてみるといった適度な運動に取り組んでみてもよいでしょう。運動は、抗がん剤治療中のだるさを楽にしてくれるという研究*報告されています。

※Karen M. Mustian, et al, JAMA Oncol. 2017;3(7):961-968. Comparison of Pharmaceutical,Psychological, and Exercise Treatments for Cancer-RelatedFatigue

■食欲がない時は―――

 無理はせず、食べられるものを食べやすい形で摂れば大丈夫。盛り付けを工夫して、心がワクワクするようなかわいい食卓にしたり、てまり寿司のような一口サイズの料理も「これくらいなら食べられるかも」という気持ちになれるかもしれません。

がんの治療中は口内炎に悩まされる方も多いので、水分が多く柔らかい、口当たりの良いものや、その時に食べたいと思ったものを摂りましょう。アイスクリームなどでつらい時期をしのぐという方もいらっしゃいます。また、一度にたくさん食べられない時は、ドラッグストアや薬局などで売っているゼリー飲料やドリンクなどの栄養補助食品に頼るのも方法です。これらは少しの量でカロリーやたんぱく質が摂れるメリットがあるので、お好みのものを見つけてくださいね。3食の時間にこだわらず、食べられるときにサッとつまめるものが用意されているといいですね。

治療を乗り切る買い出し&料理の工夫

治療を乗り切る買い出し&料理の工夫

 これまで触れてきた“食べる”お悩みはもちろん、「料理がしたいのに、どうしてもつくる気が起きない」という“つくる”お悩みがある方もいらっしゃるかと思います。そんな時に役立つ、お買い物と料理の工夫をご紹介します。

■お買い物の工夫

 重い買い物袋を持って家とスーパーを往復するのは、想像しただけでおっくう…。そんな時は、切り干し大根やひじきなどの乾物をうまく取り入れて、買い物袋そのものを軽くする工夫を。乾物は栄養も豊富なので、これまで馴染みのなかった方は、ぜひ取り入れてみてください。

 すぐに料理ができる缶詰や加工食品を利用したり、冷凍のカット野菜を常備しておくのもおすすめです。また、食欲がない時に食べられたものをストックしておくのも安心です。

■料理の工夫

 料理をする上で、意外と手間がかかるのが「下ごしらえ」。ここを簡単にすると料理の負担を軽減できます。

例えば野菜なら、そのまま・またはちぎって使えるキノコ、もやし、キャベツを使えば下ごしらえもラクチンです。大根や人参、ごぼうなどの根菜類は、表面をよく洗えば皮をむかなくても料理に使えます。肉類はひき肉や細切れ肉などを選べば、切る手間と共にまな板を洗う手間も省けます。

包丁ではなくキッチンばさみで切ったり、やわらかいものは麺棒で叩いたり、キッチンツールを活用するのもいいですね。

そして、ときには家族やパートナーなど、周りに助けてもらうことも大切です。食事は毎日続くもの。自分ひとりで抱え込まずに、協力しながら治療の期間を乗り切りましょう。


記事協力:おいしい健康

何を食べていいのかわからない…そんなお悩みに!

切り干し大根の卵焼き

切り干し大根の卵焼き

栄養士コメント

栄養価の高い卵に、ミネラル豊富な切り干し大根を組み合わせた風味豊かで食感がよい卵焼き。ツナの代わりに干しえびでも美味。

栄養価(1人分)

エネルギー 170 kcal たんぱく質 9.4 kcal
脂質 11.9 g 炭水化物 5.7 g
食物繊維 1.6 g 食塩相当量 0.7 g
カリウム 350 mg カルシウム 60 mg
マグネシウム 22 mg リン 133 mg
1.3 mg 亜鉛 0.9 mg
ビタミンA 93 µg ビタミンE 1.0 µg
ビタミンB1 0.07 mg ビタミンB2 0.25 mg
ビタミンB6 0.12 mg ビタミンB12 0.6 mg
葉酸 50 µg ビタミンC 7 µg
ビタミンD 1.2 µg コレステロール 214 µg

材料(2人分)

使⽤量
卵(Mサイズ) 2個
切り干し大根 10g
A ツナ缶(油漬け、汁けをきる) 小1/2缶(約25 g)
A 長ねぎ(小口切り) 10cm分(約20 g)
A しょうゆ 小さじ1 (6 g)
A こしょう 少々
ごま油 小さじ2 (8 g)
サニーレタス(あれば) 1枚(約10g)
ミニトマト(あれば) 2個(20g)

手順

  1. 切り干し大根は水で洗い(水戻しは不要)、包丁かキッチンばさみで2〜3cmに切ります。
  2. ボウルに卵を溶きほぐし、Aを加えて混ぜます。
  3. フライパンにごま油を熱して、1の切り干し大根を中火でさっと炒めます。軽く火が通ったところで2の卵液を流し入れます。
  4. 菜箸で大きく混ぜ、縁の部分が少し固まってきたら、蓋をして弱火で2〜3分焼きます。裏返して卵に火が通るまで焼きます。
  5. 取り出して切り分けます。器に盛り、サニーレタス、プチトマト(あれば)を添えて出来上がりです。
  6. ※作りやすい分量は2人分からです。

ジンジャーきな粉甘酒

ジンジャーきな粉甘酒

栄養士コメント

発酵食品の甘酒にきな粉をプラス。きな粉は食物繊維やオリゴ糖といった腸内環境を整える栄養も。やさしい甘さに癒やされます。

栄養価(1人分)

エネルギー 154 kcal たんぱく質 5.1 g
脂質 2.0 g 炭水化物 29.5 g
食物繊維 1.9 g 食塩相当量 0.2 g
カリウム 165 mg カルシウム 18 mg
マグネシウム 26 mg リン 78 mg
0.7 mg 亜鉛 0.7 mg
ビタミンA 0 µg ビタミンE 0.1 mg
ビタミンB1 0.02 mg ビタミンB2 0.06 mg
ビタミンB6 0.07 mg ビタミンB12 0.0 µg
葉酸 28 µg ビタミンC 0 mg
ビタミンD 0.0 µg コレステロール 0 mg

材料(2人分)

使⽤量
⽢酒 300 ml
きなこ ⼤さじ2(約14g)
しょうが(すりおろし・好みで) チューブで4cm(約2 g)

手順

  1. カップに甘酒を入れ、きなこを入れます。好みの量のしょうがを入れ、混ぜながらいただきます。
  2. ※甘酒を温めてから作っても美味しくいただけます。

レシピ協力:おいしい健康

2019年9月掲載

監修:一般社団法人プラスケア代表理事(腫瘍内科・緩和ケア内科医) 西智弘

コミュニティナース 石井麗子

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら