がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

加藤大基さん
「34歳で肺がんになった医師が、苦悩の末、行き着いた不安とのつきあい方」

医師として、個人としての生き方に影響を与えたがん

――34歳で肺がんになった医師としての生き方を語ったテレビコマーシャルがオンエアされたり本が出たことで、どんな反響がありましたか。

 長年、音信不通になっていた友人から連絡があったのは嬉しかったですね。それと往来や外来で、初めて会う人や患者さんから声をかけられる機会が増えました。面はゆい一面もありますが、親しみを持ってもらえるのは喜ばしいことだと思っています。

 本には当時の研修生の労働環境について一般の人に知ってもらうべく書いた部分もあるのですが、それを読んだ医学生から、「放射線科ってそんなに大変なところなんですか」という想定外の反響もあって、慢性的人材不足の放射線治療科に身を置く者としては、痛し痒しです(笑)。

 ただ本を書いたことで、日頃、漠然と考えていたことがより明確な形になったと思います。とくに思い描いていた生き方の理想型が、多少なりとも形を持ってイメージできるようになった。そのことで少しでもそこに近づけるような生き方をしていきたいと思うようになりました。医師としての生き方にも個人としての生き方にも、大きな意味合いがあるのではないかと思います。

がん検診のススメ

――著作の文末には「検診のススメ」という一文があります。本を書くきっかけのひとつにそのことがあったと伺っています。検診についてはどのようにお考えですか。

 そうですね。もし私が2年前に検査を受けておらず、その後も従来のように忙しさにかまけて検査を受けていなかったら、がん患者とはならなかったんですね。おそらく今も肺に育ちつつあるがんには気づかずに、日常診療にいそしんでいるはずです。そのかわり、数年後に自覚症状が出て、あわてて検査をして進行した状態で発見される、そういうふうになったのかもしれません。

 脅かすわけではありませんが、世の中にはそういう人がいっぱいいると思うのです。がんを見つけるのは、心拍や血液を調べる一般的な健診では困難で、乳がんならそれに適した検診が必要です。検診は決して万能ではなく、受けたからといってすべてのがんが発見されるわけではありません。初期の場合は見逃すこともあるかもしれません。また一部の検診は有効性に疑問が呈されているものや効果を検証中のものもあります。

加藤大基さん

 ただし一方で、早期発見によって完治できる可能性もある以上、全部を否定するわけにはいきません。最低限、現時点で有効性が確認されているがん検診は積極的に受けてもらいたいと思います。

 検査の有効性は集団と個人では違う場合もありますので、たとえば家族や近しい親族に特定のがんにかかった人がいるような場合は、リスクが上昇する年齢になったらそれぞれに適した検診を個別的に積極的に受けてもよいのではないか、と私は考えます。

患者さんと医療従事者はよい関係を築くべき

――医師として、ご自身のご経験をどのように生かしていきたいとお考えですか。

  恥ずかしいことなのですが、今回、自分が病気になって初めて、今まで自分が行なっていた診療の報酬というものを知りました。検査結果をもとに患者である私に説明をして、次週の予定を決めてという診療に対して、私は自己負担分(3割負担)の医療費として210円を払ったんですね。所要時間は15〜20分間です。病院には私が加入している保健組合からの分も含めて診療報酬として700円が医療費として支払われました。現在の制度ではいくら時間をかけようとも、また多くの患者さんを看ようともその額は変わりません。これでは病院が黒字になるのは大変なことだと思います。現に私が第一線で外来を担当していた時は、多い時で日に何十人もの治療をすることがたびたびありました。自分で言うのはなんですが大変な労力です。

 当時も今も効率よく診療をしなければならないと思う一方で、俗にいう3分間診療の細切れ診療に疑問を感じているのも確かでいつもアタマを痛めています。医療制度上の問題もあるので、一人でどうできるものでもないのですが、病院の大変さも患者さんの大変さにも思いを巡らしながら、診療をしていく必要はあるのではないか。少なくともそのことをアタマの隅に置いて診療をしていく必要はあるのではないか、そのなかでやれることをやっていこう、それを忘れたら、医療従事者としては失格だし、せっかくのがん体験も意味の無いものに終わってしまうのではないかと思うのです。

――限られた診療時間のなかで、患者さんと医療従事者がよい関係を構築するために気を付けるべきことはありますか。

 患者さんは、診察の時に聞きたいことがある場合は、事前に整理してきていただくと私たちは助かりますね。そうすると医療の効率も上がるし、患者さんご自身の意識も高くなるのではないでしょうか。それは病気に主体的に向き合うことにもつながります。QOL(Quality of life:生活の質)においても、最良のケースでは治癒率などにもおいても好影響を及ぼすことは十分に予想できます。

 医療従事者が気を付けるべき点として感じたのは、告知の場はもちろん再診の場でも画一的な対応ではいけないということです。医療技術を向上させることは大事ですが、それだけではなく患者さん個人の考え方や生き方を理解するように努力し、対応することが求められているのです。きめ細やかな対応ができるようにするには、本来は十分な診療時間を取ることが望ましいのですが、それが望めない今は、互いに努力して限られた時間の中で、可能な限りコミュニケーションをとり、お互いを理解していくようにしていくべきだと思います。

 今、問題になっている周産期の救急医療を見ていると、患者側と医療従事者側が敵対しているように見えることがありますが、制度上の問題を考慮することなく両者が不信感を抱きあうのはとても不幸だと思います。がん医療においても、そんなことがあるのではないか、と危惧します。危機的な状況にならないように、両者はこれからもともによい関係を築いていけるようにしたいですね。

次回は、「これからの目標はがん体験を活かすこと」についてご紹介します。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら