がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

上野直人さん

「医師として見ていたこと、患者になって見えたこと」

米国・テキサス大学 M.D.アンダーソンがんセンター 腫瘍内科医 、准教授

上野 直人 さん

1964年京都生まれ。和歌山県立医科大学平成元年卒。米国テキサス州ヒューストンの巨大医療センターの中にあり、世界屈指のがん専門病院として知られる M.D.アンダーソンがんセンターに勤務して15年。専門は乳がん、卵巣がん、骨髄移植の化学療法。米国を中心に世界中から、年間6万5000人の患者を受け入れている同病院の根幹をなしている「がんのチーム医療(チームオンコロジー)」を普及するために、年に数度来日。医療従事者向け、一般向けに教育・講演活動を行っている。著書に『最高の医療をうけるための患者学』(講談社+α新書)がある。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら