がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

上野直人さん
「医師として見ていたこと、患者になって見えたこと」

最終回 自分らしく生きるということ

病気の主権者は患者本人

―― がん患者がさまざまな困難を乗り越えて、自分らしさを堅持していくのは大変です。上野さんから患者さんへのアドバイスをいただけませんか。

上野直人さん

 うーん、難しい質問ですね。でも自分ががんになってあらためて思ったのは、病気の主権者は患者本人であるということです。

 自身の病気についてどれくらい知りたいのか、どんな治療を受けたいのか、仕事に復帰したいのか、どう生きたいのか、どう余生を過ごしたいのか……。すべてが自分にかかっているんです。医師や医療スタッフ、家族、友人、社会の影響で思うようにならないのではと思いがちですし、実際にそのようなことがあるかもしれません。私自身、カミングアウトのメールの反応に戸惑ったりしました。でもよく考えるとそれさえ自分次第なのですね。そんな反応があるかもしれないとは予想できたはずです。プロジェクトから外されそうになったけど、私には発言の機会も力もありましたので、修復することができました。

 無論、患者全員にその機会や力があるとは限らないので、それぞれが状況判断をして知恵を働かせて、それぞれの問題を乗り越えていくしかありません。その問題は、患者さんによって家族間のことだったり、職場のことだったり、一人ひとり違うかと思います。

―― 要は病気のせいにしたり、他人のせいにして問題を放置したら、逆に自分らしさを失っていきかねないということですね。

 そうですね。きびしい言い方かもしれませんが、私自身が患者になって強く思ったのが、そのことなのです。病気についてどれくらい知りたいのか、どんな治療を受けたいのか、仕事に復帰したいのか、どう生きたいのか、どう余生を過ごしたいのか。それはまさしく自分らしさに強く影響してくる事柄ではないですか。そういったことを他の誰かに委ねても、動かすのがとても難しい。患者にしても一人だけで決めていくのは大変な部分があるかもしれないけど、周囲に働きかけていくと動くかもしれない。その働きかけをせずに、自分らしさを喪失していくとしたら、とてももったいないことだと思います。

自分らしさについて

―― 上野さんご自身は、今回がんになったことで、自分らしさについての発見や思うところがありましたか?

私自身は、今回病気になったことで、「常に自分は医療者である」ことを再認識しました。治療を受けているときは無論、純粋に患者であるのですが、かたわらに医師としての自分がいて、客観的に見ているのです。あ、こういうとき患者はこういうことを考えるんだ、じゃあ、こうすればよくなるんじゃないか、とか、やっぱりがん医療をよくすることを常に考えているのですね。

 今回、とくに勉強したのは全体の展望を示して今現在どこに差し掛かっているか、患者は絶えず不安に思っているということです。それを主治医や医療スタッフが指し示してあげないといけません。それは自分の診療ですぐに実践しました。

 それと人を育てるのが好きな自分にも気づきました。つい数日前、母校の大学から依頼をされて、6人の若い学生を相手に講義をしてきたのですが、これが楽しかった。その日、大学へ行くと担当者が現われて「時間は無制限ですからご自由にどうぞ」と言ったのですが、「おいおい、こっちはがん患者だぞ。ちょっとは気配りしてよと…」(笑)

―― どんなことを講義されたのですか?

 テーマはキャリア・デベロップメントです。どんな医療者になるのか、なりたいのかということですね。今の医学生は、我々の世代、あるいは我々より上の世代からすれば、ある意味ハッピーで恵まれ過ぎているところがあって、どんな医療者になりたいのか、掴みにくい一面があるのです。そこで話し合いながら、よい医療者のモデル、よい医療の具体的な例を実例を交えながら提示するのです。あくまでも、ボランティアでの医学教育ですけど。

―― これから、どのようなことに取り組んでいきたいですか?

 私自身はさっきもいったように常に医療者で、ライフワーク的にがんのチーム医療に取り組むなかで、患者の総合的な満足度を高めていきたい、と考えています。エビデンス(科学的根拠)を高いレベルにしていくことが患者の安心感につながります。とはいえ数字だけではなく、心のケアも重要です。医療従事者としてこれからもがん医療に取り組んでいきたい。これが自分らしく生きることだと思っています。

――上野さん、ありがとうございました。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら