がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

垣添忠生さん

「医師として、がん体験者として、そして妻をがんで亡くした夫として」

国立がんセンター名誉総長、(財)日本対がん協会会長、(財)がん研究振興財団理事

垣添 忠生 さん

1941年大阪生まれ。1967年東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院、都立豊島病院などを経て、75年から国立がんセンター泌尿器科に勤務、病院長を経て2002年総長に就任。2007年より現職に加えがん対策推進協議会の会長も務める。専門は泌尿器科学だが、すべてのがん種の診断、治療、予防に関わってきた。がん関連の審議会や検討会などの委員、座長などを数多く務める。著書多数。2009年末に、妻をがんで亡くした体験を記した『妻を看取る日』(新潮社)を上梓した。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら