がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

杉山 徹さん
「私のがんは神様が与えた人生の仕切り。
ならばその体験を一生懸命伝えるのが私の使命。」

最良の治療は「患者の希望」と「医師の専門知識」と「科学的エビデンス」が交わるところから生まれる

――患者さんが安心して、また納得して治療を受けるために必要なこととは何でしょうか。患者の側に立ってみて気づいたことはありますか。

近年、科学的な根拠に基づいた医療=EBMが盛んに言われています。精度の高い臨床試験などで効果が確認された医療をそういいます。最近はいろんながん種で、当該の医学学会が編んだ「診療ガイドライン」が発刊されています。医師が治療法や検査法を選ぶときの指標・目安となるもので、患者さんがご覧になることもあるでしょう。

しかし、推奨レベルの高い治療法や検査法がすべての患者さんにとって適しているとは限りません。たとえば私が受けた術後補助化学療法でEBMのあるものはほんの一部。あとは未確認なのです。調べてみて意外でした。ではEBMのレベルの低い、あるいはEBMに則っていない治療法は無意味かというとそうではない。患者さんの病態や目標によっては意義が高い場合もある。ではどうやって治療法を選べばいいのか?

大事なのはまず自分の病状をはっきりと自覚すること。病期や腫瘍の状態、年齢、体力、持病などの身体的な条件です。そのうえでどんな治療を受けたいか、希望をはっきりさせます。私のように働きながら化学療法を受けたい、といったようなことですね。これをうやむやにしたまま、面倒だから医師まかせにするというのでは自分にとってのいい医療は受けられません。家族の希望もあるはずですから調整する必要があるかもしれません。難しいかもしれませんが、整理ができたら、その希望を医師に伝えます。それを通すのは無理かもしれないし、頑張れば可能かもしれない。より希望を実現できる別の治療法を医師が提案するかもしれない。そうやって専門家としての医師の意見を聞いて自分にあった治療法を選択することが大事です。医師も「おまかせします」と言われるより、そのほうがずっといい。患者さんが安心して、また納得して治療を受けるには、専門医と協力しながら目標を決めていくのが必須だと思います。

予想外の罹患後の変化

――がんと診断されて、あるいはがんの治療をして、何か大きく変わったことはありますか。

杉山徹さん

治療がすべて思い通りにいくわけでもありません。手術の翌日に呼吸困難状態になって大変でした。日中だんだん苦しくなり、夜になって我慢できずに先生を呼んで薬をもらい、なんとか楽になりました。肺の手術後の回復にはしかるべき手順のリハビリが必要なんですね。実は事前に言われてはいたんですが、私は術後にサボっていたから大変な目にあってしまいました。次の日からまじめにリハビリセンターに通ってリハビリに励んだのでやっと肺機能は元に近くなりました。予想外だったのは、声が嗄れ声になったことです。手術の影響でそうなったのですが、滅多にないことだそうで、今も声を出すのに苦労しています。ひとつ深呼吸をして吐息を利用して発声しなければならない。すぐに疲れるから1時間しゃべるのが限度。ぎりぎりで講演ができる程度です。もう少し様子を見て、回復しなければ手術をするかもしれません。

仕事の復帰に関しては思惑通りにはいきませんでしたね。もっとやれるかと思っていたのですが、大学の仕事はタフで、少し見通しが甘かったようです。

心理的な変化は私の場合、さほど感じていません。人によっては風景が違って見える、職場など周囲の様子が前とは違うように感じるということもあるようですが、体調が戻るにしたがって気持ちも戻るかもしれない。戻らなくても順応するかもしれない。私も呼吸困難や嗄れ声など予想外の変化はあったけど、あわててもしょうがないし、その変化にしばらくつきあってどう対処するかじっくりと考えようかと思っています。

自分らしさを保つということ

――再発の不安はありますか。あるとしたらどう対処していますか。

まったくないと言えば嘘になるかもしれませんが、正直なところあまり感じていないんですよ。再発率などは一応承知していますが、医者の習性でしょうか、「なるようにしかならない」と割り切っていますね。がんになって思ったことがあります。それは変な話ですが、死ぬとしたらこの病気で死ぬのは悪くないという気がしています。じっくりと自分を見つめる猶予があるからです。

私のがんは神様が自分に与えた「仕切り」と考えることができます。罹患後に医師として患者として思ったこと感じたこと経験したことはたくさんある。ならばせっかく人生の仕切りを得た今、少なくともそれを医師や患者さんに還元して伝えていかなければ何のために罹患したのか分からなくなる。自分を否定することにもなりかねない。うかうかしてはいられない、そんな思いが強いですね。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら