がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

私からのメッセージ

額田 勲さん
「自身のがんと向きあいながら、
地域に根ざした医療で患者さんを支える」

人間的な関係をベースに専門病院での治療をサポートする

――ご経験から医療者や医療に求められることどのようなことと思 われていますか。

額田勲さん

病気の進行や症状によって、医療者はそれぞれの局面でじっくり説明をしたり、逆に患者さんの話をじっくりと聞いて共感したりすることが必要です。そういう人間的な関わりが不可欠だから、がん医療には豊かな人間性が必要と考えています。

しかし、患者さんをきめ細かくフォローするには想像以上にエネルギーが要ります。がんの専門病院では、制度や体制の面からも、患者さんとの人間関係をベースにした医療を行うことが難しくなっています。実際、私も患者としての体験を通じて、基幹病院の医師の多忙さを痛切に思い知りました。

一人の患者として聞きたいこと、説明してほしいことは山ほどあったのですが、診察室で根掘り葉掘り聞くような時間はありません。私は診察室に入る前にその日の質問のポイントをどこに絞るか考え、医学的な基礎知識や、自分で入手した予備情報で医師の説明を補うことができました。しかし、医学知識のない患者さんの場合には、難しいと思います。このような点をサポートする仕組みが必要です。

2007年にがん対策基本法が施行され、がんの専門病院(がん診療連携拠点病院)を中心とした地域医療ネットワーク整備が進められています。これは、専門病院での治療を行った後、必要な医療を受けられるよう、地域全体で患者さんの情報を共有し、互いの医療機関が協力しあい患者さんを支えていく仕組みです。言葉を変えると、「専門病院による治療」と「地域全体でのケア」という積極的な分業ネットワークです。

ネットワークの中で、地域医療が担うべき重要な役割は、患者さんの生活のそばで必要な医療を提供し、相談に乗るといったこともあります。このようなネットワークをしっかり作っていくことが必要と考えています。

心強く、生きることを豊かにする家族の存在

――患者さんに必要な家族のサポートはどういったものでしょうか。

患者さんにとって、やはり家族のサポートが第一ですね。よく患者さんのご家族から「どのようにサポートすればいいのか」と尋ねられるのですが、そういったとき私は「being」が基本だと言います。そばにいるということですね。それは、ベッドサイドにいるということももちろんですが、いつも心に寄り添っているということでもあります。

私のことで言えば、息子も医師で神戸の基幹病院に勤めていたのですが、私ががんであることを告げた時には、「その年齢では珍しいことではない」などと冷淡に対応しているかにみえて、陰ながら専門医に相談したり、情報を集めたりしてくれていました。
また、手術を受けた時には、予定の4時間よりずっと長引いたので、家族はずっと心配していたようです。平凡なようですが「being」とはそんなことをいうのだと思います。

そんなことが患者にとっては、病気と向きあっていく中で心強く、生きることを豊かにしていく上でも大切な支えとなるのではないでしょうか。

日常生活を維持しながら、よりよくがんと共存する

――共存していく医療が成立するためにはどんな条件が必要ですか。

額田勲さん

患者さんにできることがいくつかあります。がんに罹るのは珍しいのではなく、むしろ当たり前の時代です。罹ったからと言ってパニックになるのではなく、覚悟を持ってどう向きあっていくかを考えてほしいと思います。そのために有用なことは、身近に相談できる、かかりつけ医を、普段から気をつけて見つけておくことです。がんと向きあう中では情報戦の一面があって、近頃はインターネットで簡単に探すこともできますが、どれが有用な情報か取捨選択するのは容易でありません。かかりつけ医が身近な相談相手になって、情報の整理を助けてくれるはずです。

また高度な医療に依存するだけでなく、一方で長期戦にそなえて自らも人間として成長し、病気と向きあっていく心構えが必要です。
治療を受けながら、好きなこともちゃんとやって両立できると、豊かな生活が送れると思います。

共存を目指す患者さんを支える最大の柱は治療です。治癒を目指す治療はできなくなっても、良好な生活をなるべく維持していく治療はあります。痛みをとる治療や、症状を改善するための外科手術や処置をすることで、状況にもよりますが、治療を受けながら仕事をしたり、日常生活でやりたいことができるようになります。がんとともに豊かに生きるためには、日常生活を維持していく治療をどのように行うかがポイントだと考えています。

今はがんと診断されたら、とにかく治療することを前提に話がされますが、患者さんの状態や希望に応じて「よりよくがんと共存する」という選択肢が、医師と患者・家族の間で、自然に語られるようになればと思います。そして社会的にもこのような文化が育っていけばいいですね。

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら