アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

肝臓がん

患者

肝臓がん 50歳 男性 その他

2004、肝がん(6p)切除、2ヶ月後退院に仕事復帰にと・・・。退院後自宅13日で、息苦しく、病院へ、(腹内膿傷、肺炎)ICU・15日生死・・病棟へ、体力もなく、ドレン、酸素もあり。
トイレ、歯みがきもままならず、看護師さん、両親、家族、特に家内に辛くあたり、勝手を言い子供の事、入院費その他色々すまない。 05年肝臓がん再発10ヶ月治療20日入院。通院中糖尿病1型に30日入院、現在、糖尿病治療薬1日4回。 また、1年で06年(7月)肝がん再発、肺にも転移あり。検査、その他肝臓がん2ヶ所の治療で肺の治療で1ヶ月後退院、通院へと。

07年(5月)肝がん2ヶ所再発。胆のうにかかる為切除後、肝臓治療・・・諦めつつ、両親、子供達、家内には、すまない。9月、発熱の為 緊急外来、肺炎になり、入院15日後退院検査日、マーカー高くなり、12月より、抗がん剤治療始まる週1、年明け2回、検査始まり、諦めになりつつ、いろいろ悩む。昨日ささいな事で、妻に暴言をはき、頑張っている妻を悲しませて、そんな自分に怒り、ストレスの為、体調悪くし、夜になると考えてうつ病。

勇気づけられた言葉、場面

毎回高齢の両親が気にかけ、励まされ、皆様に感謝するように。子供達には、色々我慢し頑張る姿を見せられ励みに。妻には、毎日励まされ、気をかけ、子供達の為頑張るように、声をかけ、仕事しながら子供達の世話をし、私の世話と明けくれる、姿・・・

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら