アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

前立腺がん

患者

前立腺がん 67歳 男性 その他

年金生活に入ったばかりで、子供たちはみな出てしまい家内と二人生活でした。現役時代は営業の責任者として国内外を飛び回っているような生活であっただけに、やっと二人だけの穏やかな余生を楽しむべきと思っていた矢先のことで、かなりショックでした。

前立腺がんの検査で多分大丈夫と思って出かけたところ、医者から病期がV期といわれたとき、家内も一緒に行っていましたが誰か他の人の話のように聞いていたような気がします。
帰りの電車の中で、残された家内がどうするだろうかと思いました。本人はいたって陽気に接してくれました。とにかく二人でがんに向かい合おうと言ってくれたのが印象的でした。

勇気づけられた言葉、場面

がんと宣告されて帰りの電車の中で二人で向かい合おうと言ってくれた家内の言葉

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら