アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

その他

患者

その他 25歳 女性 会社員

昨年夏、ずっと体調が優れず検査を受け十二指腸がんと診断される。 十二指腸の全摘出、胃も半分ほど切除しました。 病院のベッドでは、憧れていたウェディングドレスも、出産ももう諦めないといけないんだって、思っていました。 私の病気のことで父や姉に悲しい思いをさせてしまうことも辛かったです。今は一年二ヶ月経過、順調で理解ある恋人も出来ました。 病気を言い訳にせず、人生を楽しみたいと思っていますが、やはり将来像が描けなかったり、再発に怯えたり、十二指腸がんの情報の少なさに不安を感じます。

勇気づけられた言葉、場面

父から、入院初日の夜 「さみしくて泣いてないか」とメールが来たとき、病気はなんて、親不孝なんだと思いましたが、愛されていると実感し、元気にならなきゃと思いました。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら