アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

前立腺がん

患者

前立腺がん 70歳 男性 会社員

 今年(平成21年)4月頃、仕事が多忙の中、尿道から出血があり気にしていた。6月末に意を決して近くの医院を訪ねた。PSA値が高いとのことで大学病院で超音波検査をした。大学病院で、生検・MRI・CT・骨シンチグラムなどの検査を経て早期がんで転移なしと判明。人並みに悩んでいたが、早期だったので少しは気が楽になった。

 私は生活習慣病もなく、70歳の今日まで元気で仕事をしてきた。3か月の検査期間中はがんの勉強をして万が一に備えた。10月10日に私の考えを病院へ伝え治療方針を決める。生活の質(副作用)、生き方(寿命など)、仕事への影響を考慮して判断する。
 長寿社会の病気だが平均寿命までは生きたい。

勇気づけられた言葉、場面

がんを告げたときの職場の社長の奥さんの励ましの言葉‘仕事より体を大事に’

同僚の気遣い‘通常と変わらない対応’

投稿時 :
 がんと診断されてから治療開始まで 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら