アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

乳がん

家族

乳がん 49歳 女性 会社員

2009年4月、会社の健康診断で要精密検査の指示を受けた母。近所のかかりつけ医で検査したところ、左胸に白く写る影がありました。
石灰化の可能性と言われながらも念のため、紹介状を書いていただき大きい病院へ。そこでの詳しい検査の結果、白い影は腫瘍でした。早期発見で左胸の腫瘍摘出(乳房温存)しました。
術後の放射線治療、ホルモン剤治療も特に副作用もなく終えて現在まで再発などもなく10年を迎えました。
退院してから割と早く仕事にも復帰し、今でもバリバリ働いてます。

勇気づけられた言葉、場面

私が持病の関係で通っていた病院を紹介してもらったので、私の診察の時に一緒に行ったことが幸いしました。
母を1人で告知を聞きに行かせずに済んだので。
当時のことを母はショックであまり覚えていないそうです。
やはりああいった時は家族が一緒にいてあげる方がいいと思いました。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら