アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

その他

患者

その他 33歳 男性 会社員

19歳で左精巣腫瘍になり、左の睾丸を取り抗がん剤治療をした。23歳で再発、30歳で再々発。抗がん剤治療をしたが、下大静脈に転移したため、後腹膜リンパ節郭清術をし、6時間以上もかかる手術で人工血管に置き換えた。手術は成功したが転移し、抗がん剤治療を再びしたが、次の薬がなくなり、緩和ケアをするか、免疫チェックポイント阻害薬による治療かの選択となり、20%くらいの可能性にかけて治験に参加した。
通院の新幹線代、医療費が追いつかない。こんなに苦しんでいるのに、働くにも、体力は落ち、どうやって生活をしようかと考えると精神的に落ち込んでしまう。

勇気づけられた言葉、場面

マンガONE PIECEの、「奇跡は諦めないヤツの頭上にしか降りて来ない!奇跡舐めんじゃないよ」です。奇跡は諦めたらダメだと思った。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら