アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

卵巣がん

患者

卵巣がん 47歳 女性 その他

15歳の夏、倦怠感とお腹のふくらみで3カ所の病院に行きました。まさか卵巣に原因があるとは誰も思わず、受験のストレスだろうと。15歳は小児科になるんですよね。処方される薬は精神安定剤や胃薬ばかり。それでもめまいやだるさ、食欲不振は続きお腹だけが膨らんでいき、4カ所目の内科のCTでがんがわかり県立病院の婦人科で即手術。お腹から取り出した腫瘍などは8キロ。伯父が県立病院で医師をしていて子宮卵巣の全摘はかわいそうだから悪いところだけ摘出してほしいと主治医に頼んでくれたそうです。半年間の抗がん剤治療を受けました。いつ再発するんだろうと定期検診のたび思っていましたが、再発もなく残してもらった片方の卵巣のおかげで双子を出産することもできました。

勇気づけられた言葉、場面

中学3年の2学期途中から学校には行けませんでしたが、抗がん剤治療しながら受験勉強をしたことが生きる支えになっていました。32年前はまだ告知もされなかったし、情報も乏しく、髪の毛が抜けても自分ががんだとは思ってなかった。主治医が「すぐ生えてくる」「笑いなさい」と言ってくださっていたからその通りにしていた。

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら