アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

前立腺がん

患者

前立腺がん 68歳 男性 自営業(会社役員含む)

健康には人一倍気を付けてきたつもりでした。65歳の健康診断でPSA値は4で少し高いけど、診断は前立腺の肥大も考えられるとのことで放置。翌年、PSA値は5に上がって泌尿器科に通院しましたが、前立腺肥大の薬で様子を見るとのことでした。翌年にはPSA値は7に上がっていました。この時に初めて精密検査の紹介状をもらい、MRIでがんの疑い、生検は12本中10本ががんで、全摘をロボット手術でおこないました。20 日後から仕事復帰し、2カ月経過後から水泳スクールに週2回通いました。一時は尿漏れに落ち込み悩みましたが、5カ月経過で尿漏れも止まりました。今は6年間続けてきた水泳に自主練も含め週3〜4回行っています。この先新型コロナ感染が落ち着き、水泳大会が開催したらまた参加したいと思っています。

勇気づけられた言葉、場面

妻を震災で亡くしています。娘夫婦と孫の同居している家族が病気診断や手術の際に付き添ってくれました。勤務先の理解を心から感謝しています。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら