アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

甲状腺がん

患者

甲状腺がん 33歳 女性 主婦

31歳、2人目を出産して3カ月たった2018年4月頃に甲状腺乳頭がんと診断されました。
左脇にしこりがあるのに気付き、母乳外来でお世話になっている先生から勧められた乳腺科を受診しました。
脇のついでに甲状腺も…と軽い感じでエコーで診てもらいました。脇のしこりはふんりゅうとの事で経過観察でしたが、甲状腺に気になる腫瘍があるとの事で、甲状腺の専門病院を紹介されました。
その日のうちに紹介状を持って受診し、検査をした結果、乳頭がんとの診断を後に郵送で受けました。上の子は2歳、下の子はまだ生後3カ月でがんになってしまった現実を受け止めきれず、死を意識し、恐怖と絶望に押し潰されそうになりました。
甲状腺乳頭がんは、がんの中でも予後が良いがんだと言われましたが、再発や死という不安はずっと抱えていました。
2018年5月の連休明けに手術をし、左の甲状腺とリンパ節を摘出しました。
術後数カ月は大きな声が出ず、喉のつかえに悩まされましたが、1年経つ頃には気にならなくなりました。
半年に一度の定期受診を継続していますが、再発もなくホルモンの数値も安定しており、投薬はありません。
5年生存率…とよく聞きますが、本当に長い長い5年です。毎回受診前になると再発の恐怖で眠れません。

勇気づけられた言葉、場面

手術室に入った時に、不安と恐怖におそわれパニックになり、泣いてしまったのですが看護師さんが優しく励ましてくださいました。本当にありがたかったです。
手術が終わり回復室に戻って来た時に、主人が手を握り『お疲れ様。無事に終わったから大丈夫だよ』と言ってくれた事で、ホッとして眠りについた事が忘れられません。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら