アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

甲状腺がん

患者

甲状腺がん 6歳 女性 学生

当時5歳だった娘の首に、しこりが見つかったことから始まりました。
しこり(リンパ節の腫れ)はよくあることらしいのですが、大きさや経過がわかるようCT検査をお願いしたことによって状況は一変しました。肺に影が見つかり、結核検査は陰性、生検してみると甲状腺乳頭がんでした。
ほぼ同時に、私の子宮頸がんもわかり、2020年は大変な年になりました。
娘は6歳になってすぐ甲状腺を全摘出し、肺の転移についてはまだ幼すぎるので経過観察中です。
私は推定TB期でしたが、娘の手術もあったので放射線治療と抗がん剤治療をしました。

勇気づけられた言葉、場面

ほぼ同時に娘と私にがんが見つかったことで、非常に落ち込みました。
神様すら恨むような気分でしたが、辛い手術に娘が耐え、頑張っているのを見て、私も泣いていられない、と思うようになりました。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら