アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

甲状腺がん

患者

甲状腺がん 57歳 女性 会社員

15年ほど前に首にしこりと痛みを感じ受診。細胞診で甲状腺がんと告げられた。
1カ月後に右側の甲状腺とリンパ節を4時間ほどの手術で切除。12年ほど経過観察で大きな問題もなく過ごす。
3年ほど前の検診で再発、肺に多発転移が確認された。大学病院を紹介され残りの甲状腺、縦隔部を手術で切除。
2回の放射線照射をおこなうも効果はなく。現在、肺に転移したがんの大きさが2センチを超え、分子標的薬を勧められている。
しかし、つらい副作用が出て生活の質が下がる可能性があり、対症療法で更に薬を飲むことにとても抵抗がある。もし途中でやめると、抑えていたがんが急激に増幅するらしい。
現在の症状は、血痰と背中の痛み・胸側の痛み(我慢できない痛みではない)大小のがんが両側の肺にあり、気管支の近くにもあるらしい。残りの人生は少しかもしれないけれど、呼吸が苦しくなるまではこのままで行こうと思っています。
3匹のにゃんこと3匹のわんこを看取るまでは死ねない。

勇気づけられた言葉、場面

耳鼻咽喉科の先生は割と重い感じに話をするが、放射線科の先生と話すと少し楽になる。特に何かを言ってもらえたわけではないけど。当事者しかわからない。夫でも同じ。再発のときに、親が「代わってあげれたら」と言ってくれた。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら