アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

乳がん

患者

乳がん 71歳 女性 主婦

乳がんで右乳房全摘から12年目で再発しました。全身に骨転移もありました。真面目に通院して、10年経ち次は2年後の通院で良いといわれていました。その2年後に肋骨の骨折が数カ所におよび整形外科で骨シンチの検査をした方がいいといわれ大学病院へいきました。
その後内科の院長先生に ここまで来ると治療法はありませんと告知され 乳がんの手術をした病院に戻った方が良いと言われました。乳がんの主治医の先生は薬をいろいろ試してくださりあれから1年、まだ生きています。

勇気づけられた言葉、場面

今は注射と内服薬を試しています。70歳になってからの再発です。現在介護認定1です。外では車いす、家の中では杖を使用して歩いています。
現在家事は料理だけしています。掃除、洗濯、買い物は主人がやってくれています。5年前に長男と2世帯住宅を建て、お嫁さんと小学生の孫に助けられています。小学2年生の孫には元気ももらっています。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら