アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がん患者さんとそのご家族が、患者さんご自身にあったがん治療にたどり着いていただくための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

前立腺がん

患者

前立腺がん 82歳 男性 その他

近くの知人が、前立腺がんの手術をして元気に生活していました。70歳を過ぎたころ、そろそろPSA検査をした方がいいかなと思って、人間ドックのオプションに入れて検査、2年目にPSAの数値が4を超えたので、泌尿器科で検査をすると、「ちょっとまだ早いけど手術しますか」と医者がいうので「まあいいか」と手術をしました。術後5年ほどはPSA数値が0コンマ以下、現在何の支障もなく生活しています。早期発見、早期手術がよかったのだと今は人生を満喫しています。

勇気づけられた言葉、場面

近所に手術して元気にしている人が3人ほどいたので、何の心配もなく手術しました。
骨盤底筋を鍛えるように教えてもらったものを1日300回くらいやりました。術後は、病院の階段の上り下りをして足の筋肉を鍛えました。

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら