アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

卵巣がん

患者

卵巣がん 30歳 女性 

私が卵巣がんになったのは、25歳のときでした。下腹部に激しい痛みが起こり、救急車で運ばれ、そのとき右の卵巣にがんがあることがわかりました。通常、病巣が片方だけでも、両方の卵巣を摘出するのですが、私が未婚であることと年齢を考え、医師と相談した結果、左の卵巣は残すことにしました。

手術・抗がん剤治療をして4年経った頃、主人と出会い、昨年結婚しました。付き合い始める時も、結婚するときも、体のことが気になって、「本当に私でいいの?」と聞いたら、主人は、「そんなの問題じゃないでしょ。」とあっさり答えてくれました。そんな主人のためにも、卵巣を残してくださった先生のためにも、子だくさんな家庭をつくるのが、私の目標です。

勇気づけられた言葉、場面

「一緒にがんばろうね」

-病名を告知されて間もない頃、先生から

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら