アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

その他

患者

その他 22歳 女性 

病気になったことを悔やんだ昨年の9月・・・。
大切な人を傷つけ、そして、周囲に当たり散らして、 挙げ句に物も壊した。
そんなとき、彼が言ったんだ。
「神様が居てね。神様は、病気に勝てると思う人に試練を与えるんだよ」って・・・。
その時、思ったんだ。
周囲に当たったり、物を壊したって 病気が治るものじゃないと・・・。
そして、マイナス・マイナスに考えるんじゃなくて、 プラス・プラスって、考えると、自分も、そして、周囲も明るくなるんじゃないかなって?
そしてね。
いつか、病気も治ると思うんだ。
だからね。
もう、後ろに考えないよ。
例え、病気が治らなくても、ヒマワリのように前を向き、かすみ草のようにさり気なく、人に優しくサポートできる人になりたいと・・・。
そう、思うよ。

勇気づけられた言葉、場面

病院は違ったけど、ずっと知っていた医事課の方の言葉「ケ・セラ・セラ」

「神様が居てね。神様は、病気に勝てると思う人に試練を与えるんだよ」

-告知を受けて1週間後、彼からの言葉

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら