アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

その他

家族

その他 31歳 女性 

【原発不明の腰骨その他への転移がん】
結婚して1年、出産して数ヶ月でがんと診断された。「腰が痛い」と言っているうちに動けなくなり、救急車で運ばれた先で告知を受けた。一時は家族と離れ、がん専門の漢方医院に入院していたが、原発巣も不明のまま。転院して戻ってきても、なすすべも無く時間と共に骨がどんどん蝕まれ、顎、首、そして脳へ転移。それでも彼女は笑顔を絶やさず、麻痺して足先から感覚を失ってきている恐怖を語りながらも頑張り続けた。それでも、いつも「治る!」という意気込みを感じさせられた。同じ年、子持ち、と共通する部分が多く、「私だったらどんな思いで過ごすだろう」と思い悩むのに、彼女はこっちが戸惑うほどの明るさで、「生きる」事への執着、意味を考えさせられた気がする。最期まで生きる事を諦めなかった。家庭をもった幸せを実感する間もなく、自分の子供を抱っこすることもできないまま、結局その数ヵ月後に「ありがとう」と言って天国に旅立った。本当に向日葵のような人だった。あれから4年。ほんの数日前が彼女の命日でした・・・。

勇気づけられた言葉、場面

自分ががんである事を受け入れ、痛みや麻痺と戦いながらも明るくたくましく生きようとしていた。

-面会時にいつもそういう姿勢が見受けられた。

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら