がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

がんリハビリテーション

がんリハビリテーションの目的

患者さんを取り巻く状況は、がんの状態や治療の段階によって変化していきます。がんリハビリテーションは、病期によって4つに分類できます。それぞれの段階で、患者さんが新しく最適な生活を築きなおすことを目指します。
通常のリハビリテーションは、何らかの障害が起こった後におこなわれるのが一般的です。一方、がんリハビリテーションはがん治療によって生じる障害を防ぐことも重視されているため、必要な場合はがん治療の前からおこなわれます。

病期 分類 リハビリテーションの目的
診断後、
がん治療の開始前
予防的リハビリテーション 治療に伴う障害を予防する。
がん治療開始後 回復的リハビリテーション 治療に伴う障害、筋力や体力低下の最大限の回復を目指す。
再発/転移 維持的リハビリテーション 過度の安静による筋肉や関節のおとろえを予防し、運動能力の維持・改善を目指す。
がん治療終了後 緩和的リハビリテーション QOL(生活の質)を高く保つ。

がんリハビリテーションの例

リハビリテーションの具体的な例を分類別にご紹介します。リハビリテーションは主治医の指示のもと、理学療法士や作業療法士などリハビリ専門の医療スタッフがおこないます。

予防的リハビリテーション

予防的リハビリテーション
対象:
全身麻酔の手術をうける患者さん
目的:
手術後に呼吸が浅くなることで生じる肺炎や呼吸不全を予防し、手術からの回復を早める
リハビリテーションの内容:
手術の前に、呼吸練習器という道具を使って呼吸に関わる筋肉を鍛えます。楽に痰を出せるよう、腹式呼吸のやり方を練習します。

回復的リハビリテーション

回復的リハビリテーション
対象:
乳がんの手術でリンパ節を取り除いた患者さん
目的:
わきの下のリンパ節を取り除いたことで、リンパ液の流れがわるくなり、腕がむくんだ状態を改善する
リハビリテーションの内容:
手を用いてマッサージをおこないます。

維持的リハビリテーション

維持的リハビリテーション
対象:
薬物療法によって倦怠感を自覚している患者さん
目的:
倦怠感の軽減
リハビリテーションの内容:
ウォーキングマシンやエアロバイクを使う有酸素運動や軽いストレッチや筋トレをおこないます。

緩和的リハビリテーション

緩和的リハビリテーション
対象:
積極的な治療をおこなえない、がんの痛みを自覚している患者さん
目的:
痛みを和らげる
リハビリテーションの内容:
痛みのある部分に負担が生じないような楽な姿勢をとります。

がん治療中の運動について

がんの症状やがん治療の副作用で、からだの機能が低下したりストレスを感じることがあります。しかし、一般的には「がん治療中」という理由だけで運動を控える必要はありません。治療中に過度に安静にして過ごすと、筋力や関節のおとろえ、骨密度の低下、心肺機能の低下などの変化をきたすことがあります。
運動は、心とからだの両面からがんに向き合う力を向上させ、さまざまな効果をもたらします。主治医にどの程度からだを動かしてもよいかを確認しながら、可能な範囲でご自身でも日常に運動を取り入れてみましょう。

参考) 中根 実ほか : がん看護学, 医学書院, 2019.
田口 哲也ほか:がん治療とサポーティブケア, じほう, 2019.
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会:がんのリハビリテーションガイドライン, 金原出版, 2013.
特定非営利活動法人 日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン委員会, がんの痛み治療ガイド, 金原出版, 2014.

監修:国立がん研究センター がん対策情報センター

2019年12月掲載

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら